養育で扱う筋肉が変わった

僕はさらに下半身太りが引け目でした。
それも一番気になるのはスケートプレーヤーみたいな大腿。過密に張っているので私のブリーフ姿勢はちんちくりんだ。小さい幼児がいて、ヒールは履けないのでごまかせません。

けれどもいま気付いたんですけど、裏大腿のセル電灯が消えている…初々しいころは立っているだけでぼこぼこ出てたのに。消えた理由はよくわからないんです。

地道にマッサージしていたから?養育で扱う筋肉が変わった?それともレッグマジックのお蔭?

ですから裏ももにお肉はきちんと欠けるんです。消えたのは可愛いとして、苦痛は前ももにあったんだといった判明しました。

強い前ももをどうして洗い流すか、まったく分からなかったのでネットで確かめました。すると強めるによってストレッチングほうが作用ありとのこと。
エクササイズ嫌いだったのでこれはまぐれ。

直ぐに実践しています。立った考えで裏手にアクセスを折り曲げます。足首を持って、お尻に引っ付くようにします。
これでももを引き伸ばすような感じです。皿洗いや気づいたときにやるようにしています。

あとはマッサージだ。裏ももをぐーっと指全体で押します。割り込むくらいの配慮だ。

実践し何とかからいまだにひと月経ってないのですが、大腿が1センチ細くなりました!

僕は姿が変わるぐらい細くなるのが意識だ。今まで大腿位を押し隠すようなコーディネートばっかりでした。下半身がか細いというコーディネートを一段と味わえると思います。

周りのママさんたち全部か細いし、ブリーフ姿勢をカッコよく履きこなしたいんです。細かいとブリーフといったTシャツだけでもお洒落か。憧れます。

あとはお腹八分目を心がけて頑張っています。お酒やコーヒーで食欲をそらし、しのいでいる。
本当は昨今、詰まり期なんだと思います。思うように収まりません。も諦めずにダイエット続けてみます!virusrobotics.com

養育で扱う筋肉が変わった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です